[ トップページ ]
生活:住宅・設備, 社会・経済:災害・地震

オール電化にしなくてよかった !? -- 災害時のために

太陽光発電とエコキュートの設備をいれるとき,オール電化にすると電気料金の割引率がふえるといわれたが,とりあえずコンロはガスのままにした. しかし,計画停電が宣言されるようになると,「オール電化にしなくてよかった!」 と妻もいいだした.

太陽光発電があるので,停電しても晴れたひるまなら電気をつかうことはできる. しかし,夜間はもちろんつかえないし,雨がふったりすればひるまでもつかえない. そういうとき,ガスをのこしていれば,つかえる可能性がある.

災害時にはガスがあることによって危険も生じるが,どちらかのこったほうがつかえるという点ではガスと電気,両方があるほうがよいだろう.

2011-6-4 追記: オール電化にしなかったひとつの理由は,自宅にはガス衣類乾燥機があることだ. いまでは乾燥機も電気が主流だ. しかし,いま電気乾燥機はつかいにくいだろう. いつもつかうことは必要でないとしても,梅雨時などは乾燥機があると便利だ. そういうとき,いまならガスのほうが安心してつかえる.

キーワード: 災害対策,震災対策

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4899

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type