[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:道具 (ツール)

家具などの DIY に欠かせないインパクト・ドライバー

DIY にはさまざまな電動工具が欠かせない. そのなかでも,ネジをしめるために欠かせないのが電動ドライバーだ. ドリルと兼用のドライバーもあるが,手になじむのはインパクト・ドライバーだ.

BlackNDeckerDriver.jpg ドリルと兼用のドライバーは基本的に回転数が一定だ. ドライバーとしてはだいたい回転数がはやすぎる. トルク (回転力) が制御できないものは論外だが,ドリル & ドライバー として売っているトルクを制限できるものも,あまり手になじむものではない. 手動ドライバーと同様に力をかけるときはゆっくり回転するインパクト・ドライバーは手になじむ道具だ.

私が最初に買ったのは Sears の 20 ドルくらいのドライバーだ. 安価だが,充電式であり,電源からとおいところでもつかうことができてよい. ただし,使用前にちゃんと充電しておかないと,いざというときにつかえない.

Sears はさまざまな DIY ツールを売っていて,アメリカに住んでいるひとにはとても便利だ. ところが,カタログ通販をやめてしまったので,これを日本から入手することは困難だ. 日本で入手できるなかで比較的よいのは,Black & Decker のものだ. 私が買ったのは KC9036 という機種だが,これを Google で検索してもみつからない. Amazon にある BLACK&DECKER 3.6V 充電ピボットドライバー Z-KC9039-P1 というのが,写真をみるかぎりではそっくりだ. 価格も私が買った価格にちかい.

2011-5-14 追記: その後,結局 KC9039 を買った. 多少のちがいはあるが,KC9036 にちかい. トルクがつよくなりすぎると自動停止する機能がついたかわりに,付属品数がへっている. 付属品がへったのは,標準的なプラスとマイナスのドライバーがあれば,たいていはまにあうからだろう. およそ,いままでの調子でつかうことができる.

キーワード: 電動工具

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4850

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type