[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

明晰だが彫りが浅い (?!) 内田とブレーズによるシェーンベルクのピアノ協奏曲

ピエール・ブレーズの指揮とあいまって,内田光子のピアノはこの曲を明晰にえがいている. グレン・グールドの演奏をききなれた私には,いささか耳慣れない部分もあるが,個々の部分をきくかぎりはもっともらしくひびいている. よく聴くと説得力をもっていることがわかる.

しかし,このドラマティックな音楽をより立体的にきかせているのはグールドの演奏であるようにおもう. おそろしい間 (ま),起伏のあるテンポ,それらが彫りのふかい音楽をかたちづくっていく. やはり私はグールドに軍配をあげたい.

Uchida-Boulez-Schoenberg.jpg
Gould-Craft-Schoenberg.jpg Gould-Craft-Schoenberg-2.jpg

注記: Amazon.co.jp演奏評 1演奏評 2 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4743

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type