[ トップページ ]
観光・旅行・出張:国内旅行・出張

ホテル マホロバ・マインズ 三浦 の印象

三浦半島は東京から 1 時間くらいでいける距離だから,ひがえりでもいける. しかし,あえてそこにゆったり 2 泊する予定をたてた. ホテルも,マホロバ・マインズ三浦 というそれなりのホテルが 1 泊 3900 円というプランを用意していたので,それをつかうことにした.

このホテルは大半のへやがスイートルームなのだろう. ひろいリビングにキッチンと和室がつき,2 人がとまれるベッドルームがある. ふつうの 2LDK のマンションより,よほどひろい. ここに 4 人でとまった. あまり適切な写真ではないが,何枚かあげておこう.

Maholova1.jpg Maholova2.jpg
Maholova3.jpg Maholova4.jpg

へやは別館にあるのだが,ここがやすい理由のひとつは,別館では手続きも食事もできないのですべて本館までいく必要があることだ. といっても,本館まで 100 m 程度しか,はなれていない. ひろいホテルなら,もっとながい廊下をあるく必要があるだろう. 本館には大浴場ももちろんあるし温泉のようだが,へやにもけっこうひろい風呂がついている.

このホテルのウリのひとつはバイキングである. 3900 円のプランにも朝食バイキングはふくまれている. しかし,当然のことながら,夕食はふくまれていない. いってみてわかったのは,宿泊者全員にバイキングを用意することができないから,夕食なしで提供しているらしいということだ. 2 泊のうち 1 泊はバイキングにしようとしたが,当日の午後にもうしこんだこともあって,夜 8 時からしか予約できなかった. バイキングでなければ食事にかかる時間はみじかくなるからレストランの席数もこれでよかったのだろうが,バイキングのためには席数がたりないのだろう.

三崎には魚料理屋はたくさんあるから,くるまがあれば,そういうみせでたべればよい. われわれも 1 泊はそうしたのだが,もう 1 泊は朝食つき宿泊代よりたかいカネをはらってもいいからバイキングにしようときめていた. 結局 8 時から予約をとってバイキングにしたのだが,あまり満足するべき内容ではなかった. 9 時ごろになると料理人はいなくなり,のこりものをたべるだけになった. それでも全体としては満足するべき内容だったとおもう.

最近は,私がとまるクラスのホテルではよくあることだが,ここでも設備やメンテナンスにはあまりカネがかけられないようだ. ふすまやカーテンのやぶれは補修ですませてあった. カーテンは意図的にあながあけられたようにみえる. これはホテルの問題というよりは,客の問題だ. ホテルの設備を損傷するのは,あとの客にとってとても迷惑な行為だということを知るべきだろう.

Maholova5.jpg 別館の 9 階と 10 階とは研修施設になっている. 入口にはゆったりしたイスやテーブルがおかれていて,わるくない雰囲気だ. この設備をうまくつかう方法がくふうできると,つかい勝手はよいのではないかとおもう. しかし,この季節には空室がおおいようだ.

研修施設なら無線 LAN がつかえないかとおもって,iPad をもっていってみた. 利用者のいる一部のへやでは無線 LAN (WiFi) がつかわれていたが,セキュリティがかかっていた. ほかのへやには,いっさい電波がとんでいなかった. というわけで,もっていった iPad などの機器はやくにたたなかった.

建物のつくりはちょっとおもしろい. 部屋のいりぐちのところには,写真のようなふきぬけがある. へやの中央にふきぬけがある構造はよくあるが,冷暖房効率の点でそうはせずに,いりぐちにつくったのだろうか?

Maholova6.jpg Maholova7.jpg

キーワード: ホテル

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4567

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type