[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

ピアノによるハープシコード協奏曲 ― でもピアノがいかしきれていない!? ― バッハ 作曲 ハープシコード協奏曲 G minor, BWV 1058 ("Great Concertos" から)

10 枚あわせて 1000 円で売っていることもある CD だが,録音はわるくない. このバッハの曲は本来はハープシコード協奏曲だが,ピアノでひいている. ピアノでひいているのはほとんどきいたことがないので一瞬おどろいたが,それじたいはわるいことではない. しかし,ピアノでひくなら,もうすこし表情をつけてもよいのではないだろうか? 第 1 楽章はちょっと平板におもえた. 第 2 楽章のほうがうまくひいている. ピアニストは Mieczyslaw Horszowski という (きいたことがないひと). 指揮は Rudolf Baumgartner,こちらはききおぼえのあるなまえ.

CD: ISBN 3-86562-515-0

評価: ★★★☆☆

関連リンク: Great Concertos

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4452

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type