[ トップページ ]
数学・計算・情報学・プログラミング:オペレーティングシステム

しばしば泣かされる Linux (X Window) の画面設定

Linux マシンのディスプレイをつなぎかえるたびに泣かされる. ディスプレイの解像度がかわると X ウィンドウがたちあがらなくなることがおおいからだ. そうすると,画面がまっくらになり,キーボードもマウスもつかえなくなる. X ウィンドウをシャットダウンして設定をかきかえればよいのだが,通常は GUI で設定しているので,すぐにはどうしたらよいのかわからなくなる. その結果,もう一度もとのディスプレイにつなぎなおして設定することになる.

最初にディスプレイからはずすまえに設定変更をしておけばよいのだが,ついつい,わすれてしまう. Microsoft Windows ではこういうことはまずおこらないので,それとくらべると X ウィンドウの不便さがめだってしまう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4423

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type