[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

憑かれた静けさ ― ジョージ・クラム 作曲 “Songs, Drones, and Refrains of Death”

この曲にかぎらず,クラムの作品には不思議な魅力がある.1962-68 年に作曲された “Songs, Drones, and Refrains of Death” は男声と打楽器やギターを中心とするアンサンブルのための作品だ.静かな部分がおおくて,一度には 1 ~ 2 の楽器しか鳴っていない.無音の時間もある.しかし,それは憑かれた時間だ.

1994 年に作曲された “Quest” もこういうクラムの音楽の特徴においては変わっていない.

CD: Naxos 8.559290

評価: ★★★★☆

関連リンク: Songs, Drones, and Refrains of Death@Amazon.co.jpSongs, Drones, and Refrains of Death@HMV.

注記: Amazon.co.jpHMV に投稿しています.

キーワード: George Crumb

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4246

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type