[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

ゆったりしたマルティノンのサン・サーンス 交響曲第 3 番 「オルガンつき」

オーマンディとデュトワによるサン・サーンスのこの曲について,べつの項目で書いてきた. デュトワの CD を買うついでに,サン・サーンスの交響曲全曲がはいったマルティノンの CD (EMI 7243 5 85186 2 7) を買った. HMV では 911 円 (これもアマゾンではあつかっていない). 2 枚組でこれはやすい. 1970 年代のアナログ録音なので,デュトワの 1983 年のディジタル録音とくらべるとキレがなく帯域はせまいが,低音のノイズがすくない点はききやすい.

Saint-Saens-Symphonies-Martinon.jpg まだ 3 番しかきいていないが,演奏はもっともゆったりしている. メリハリはすくないが,なめらかな演奏だ. オルガンは Bernard Gavoty. 低音がおさえられているぶん,オルガンも迫力不足な感じだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4228

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type