[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

リヒャルト・シュトラウスからの影響とあいまいさ ― フランツ・シュミット 作曲 交響曲第 2 番,『フーガ・ソレムニス』

フランツ・シュミットは Naxos がほりおこした近代作曲家のようだ. 生年が 1874 年,没年が 1939 年ということで,リヒャルト・シュトラウスと同時代 (年齢は 10 歳わかいが短命) であり,音楽にもシュトラウスからの影響が感じられる. しかし,シュトラウスの音楽とくらべると歯切れのわるさ,あるいはあいまいさが感じられる. もしかすると,聴きこめばそれが魅力になるのかもしれないが…

CD: Naxos 8.570589

評価: ★★★☆☆

関連リンク: Franz Schmidt: Symphony No.2@Amazon.co.jpFranz Schmidt: Symphony No.2@HMV.

注記: Amazon.co.jpHMV に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4262

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type