[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

しずかで,しみじみとした音楽 ― アラ・パブロワ 作曲 交響曲第 1 番 「さようならロシア」,第 3 番

ロシアうまれでアメリカ在住の作曲家の作品.どちらの曲も tutti になることはなく,しずかにきかせる.第 1 番は小編成のオーケストラであり,ひびきは小編成の室内楽といった感じ.近代的なひびきだが,しみじみきかせる.第 3 番は弦楽器中心でロマン派的かつ単純でわかりやすい曲想.ミニマル・ミュージックとはちがったかたちでの単純さの追求といえるのかもしれない.

Naxos の 21st Century Classics シリーズにはパブロワの他の交響曲もふくまれている.

CD: Naxos 8.557157

評価: ★★★☆☆

関連リンク: Alla Pavlova: Symphony@Amazon.co.jpAlla Pavlova: Symphony@HMV.

注記: Amazon.co.jpHMV に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4239

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type