[ トップページ ]
書評:心理, 心理

目からウロコのインチキ 「心理テスト」 ― 村上 宣寛 著, 「「心理テスト」 はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た」

いろいろな 「心理テスト」 のインチキをできるだけ客観的にしめそうとしている. 第 1 章でとりあげられているのは血液型診断である. これは世界的にはまったく相手にされていないので私はそもそも興味がないのだが,日本人を説得するにはちゃんと説明する必要があるということだろう. 第 3 章はロールシャッハテストである. 著者ははじめはそれをできるだけ客観的に実施しようとしていたが,その後やめてしまったという. もっといいかげんな方法で実施していた著名な心理学者がこきおろされている. ほかの種類のテストについても同様だ. エピローグでは Web テストのあやしさにも言及している. この本を読んで,「心理テスト」 にだまされないようにしよう.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 心理テストはウソでした (文庫)@ [bk1]心理テストはウソでした@ [bk1]心理テストはウソでした (文庫)@Amazon.co.jp心理テストはウソでした@Amazon.co.jp

注記: BK1書評 (文庫)書評Amazon.co.jp書評 (文庫)書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4189

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type