[ トップページ ]
生活:園芸

鳥にたべられた (?!) チョウの幼虫たち

チョウの幼虫にたべられたパセリの花」 という項目に,パセリについたアゲハチョウの幼虫について書いた. その時点ですでに 3 匹いたうちの 2 匹はいなくなっていたが,その後のこりの 1 匹も姿をけした. わたしがみのがした 2 匹はいずれも鳥にたべられた可能性がたかい.

チョウの幼虫がすがたをけしたのは,もう数週間前である. そのころはあまりみかけなかったが,最近は野菜のそばにスズメがおりてきているのをよくみかける. 最後の 1 匹の幼虫はまだちいさかったから,サナギになったはずはない. 姿をけしたのは,やはり,鳥にみつかったのだろうとおもう. パセリの花のまわりには葉がほとんどないので,鳥にはみつけやすいとおもえる. 2 匹目の幼虫もサナギをみかけなかったから,やはり鳥にやられた可能性がたかい. この環境でチョウにまでそだつのは,なかなかむずかしいだろう.

パセリのほうは,まだ花がさいている部分もあるが,最初にさいた花はやっとタネができあがった. ちかくにあったべつのプランターからは,タネをまいたおぼえがないのに,パセリの芽がでてきた.

butterfly0908.jpg 2009-8-15 追記:
おなじパセリの花に,うえのブログを書いたあとにまたおなじ種類らしい幼虫が 2 匹ついているのをみた. おおきさは非常にちいさいから,あきらかに,まえのものではない. きょうみてみると 1 匹しかみえないから,また,鳥にたべられたのかもしれない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4042

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type