[ トップページ ]
書評:言語・コミュニケーションとネットワーキング, 言語・コミュニケーションとネットワーキング

「地図」 だけの本 !? ― 町田 健 著, 「言語世界地図」

世界中で現在つかわれている言語をカバーしようとしている. 新書のページ数でそれをやろうとすれば,個々の言語に関しては最低限の記述にならざるをえない. それでたしかに 「地図」 をえがくことに成功してはいるが,地図以上ではない. エピソード的な話もいろいろ書かれているが,つっこみが浅いので,あまりつよく興味をひく記述はなかった.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 言語世界地図@ [bk1]言語世界地図@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4034

コメント (7)

匿名:

あなたの書評には何か意味があるのでしょうか。

匿名さん,
意味がないとおもったら無視してください.書くのは勝手でしょ!?

匿名:

>意味がないとおもったら無視してください.

そのお言葉、すべてあなたに跳ね返ってきますよ。
自覚無かったんだ。ふー・・・やっぱりねえ。

あなた、よくamazonで★二つぐらいを乱発してますよね。
そういう本って「意味がないとおもったら無視」しておけばいいんですよ。
でもあなたはちっぽけな自我を満足させたいのか
上から目線を気取りたいのかしらないけど、
物足りない、とかこの問題に触れていない、とか
あるのかないのか分からないような理屈をつけて、わけのわからないような
点を入れるでしょ。

新聞書評を見てください。基本的に書評というのは
読むに値する本に対して書くものなのです。わかります?
もちろんそれはつねに書評が書物を礼賛しなきゃいけないということではない。
むろん批判のための書評もあるし、あるべきでもある。

でもそれは覚悟がいるんですよ。
それこそ何ヶ月、何年ってかかったかもしれない本でも断罪する、
それこそ息の根を止めることができてしまうわけだから。

だから断罪には覚悟がいる。
客観的な論証もいる。
相手の論述について最低限の客観的な読みも必要である。

でもあなたの書評にはそれがぜーんぶない。
理由もろくに示されないまま、★2つ、とか入れられたら著者はきついよ。
自分の子どもを理由もなく殴りつけられるに等しい。
犯罪だよ。

匿名さん,
あなたの意見に同意するわけではないけれども,たしかに Web に書評を書くことのおもみをもっと真剣にかんがえるべきだったかもしれませんね.★の数についても,ほかのひとが書いているのとずれがあるのは意識しつつも,なおそうとはおもわなかった.もう一度かんがえてみようとはおもいます.

匿名:

ピカソやバッハに唾吐くのも人の自由。『匿名』はアホ。
悪評と好評のカオス状態の中でも自分の意思で買い物するのが消費者。

匿名:

新聞の書評と比べてるおめでたい人がいますね
自分の子どもが殴られたに等しい!!?自分の子どもを店で売って金をとったらそれこそ犯罪で☆一つで落ち込むという次元の話ではないですよ
読む前に金を払わされるのだから☆が多いレビューも☆が少ないというレビューもどちらも参考になります

匿名:

新聞の書評と比べてるおめでたい人がいますね
自分の子どもが殴られたに等しい!!?自分の子どもを店で売って金をとったらそれこそ犯罪で☆一つで落ち込むという次元の話ではないですよ
読む前に金を払わされるのだから☆が多いレビューも☆が少ないというレビューもどちらも参考になります

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type