[ トップページ ]
生活:健康・医療・医薬

新型インフルエンザ感染予防のむずかしさ

汗によわいというサージカルマスクの弱点を解消するコットン製マスク ― 夏の新型インフルエンザ対策」 という項目にも書いたように,最近,新型インフルエンザのための予行演習として,通勤時にマスクをし,手洗いなどを励行してみている. それでわかったことのひとつは,ウィルスをふせぐのはかんがえていたよりむずかしいということだ.

上記の項目には夏に屋外でサージカルマスクをするのはむずかしそうだと書いた. これもむずかしい点のひとつだが,ほかにもむずかしい点がある. 会社についたらウィルスをおとすために手をあらうが,そのとき,カバンはどうするべきなのだろうか? いったん席までいって,カバンをおいてから手をあらいにいくべきなのだろうか? いきなりトイレにいって手をあらっても,またウィルスのついたカバンをもったとしたら,手をあらった意味がない.

しかし,このときカバンをもたなかったとしても,そのあとでカバンからなにかをとりだす必要がでてくることは当然ある. そのたびに手をあらうなどということはできないだろう. 最近はテレビなどでさかんに感染予防対策がとりあげられているが,もちもののあつかいについてコメントしているのはきいたことがない.

カバンをさわらなくても,衣服やマスクしていなかった部分の顔,髪の毛などにウィルスがついている可能性がある. 手をあらっても,そういうところにさわってウィルスがついてしまう可能性がある.

新型インフルエンザの患者が他人に感染させないためにはマスクが有効だが,予防のためにはマスクはあまり有効でないともいわれる. たしかに,上記のようにかんがえてみると,それはもっともなことだとわかる.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3931

コメント (2)

ご訪問ありがとうございます。
-----もちもののあつかいについてコメントしているのはきいたことがない
思わず膝をたたいてしまいました。
花粉症対策では、屋内に入る前にコート等の花粉を払い落とした方がベターと
何かで見聞きしたことがあります。これを応用すると、屋内に入る前に荷物の
除菌をした方がベターなでしょうね?

よろしく、お願いします。

mujiの長者さん,
私がコメントした (というか事実上 http://www.kanadas.com/weblog/2009/05/post_950.html というページへのトラックバックを書いた) サイトの方ですね? コメントありがとうございます. もちものからもウィルスをのぞいたほうがよいのはもちろんだとおもいますが,もちものだけでなく,ほかにもいろいろ気をつけるべきところがあるのでしょう. それにいちいち気をくばっていたら時間もかかるし,ノイローゼになりそうです. 結局は気にしないのが一番ということになるのかも…

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type