[ トップページ ]
生活:健康・医療・医薬, 政治・法律・憲法

医薬品ネット販売規制への反対意見 (厚生労働省へのパブリックコメント投稿)

厚生労働省による医薬品ネット販売規制は一部が延期されたものの,ネットで継続的に購入していない医薬品については 6 月から買うことができなくなるという. 私はこれまで不定期にネット販売を利用してきたので,影響をうける. そのため,反対意見をパブリック・コメントとして投稿した. 以下はその内容である.

私は東京に住む健常者であり,医薬品を薬局で買うことにとくに問題はありません. しかし,家のちかくの薬局や通勤経路上の薬局に常備されている医薬品の種類にはかぎりがあります. 花粉症やかぜのくすりでも,ぴったりの医薬品が入手できることのほうがむしろすくないくらいです. その点,ネット販売であればほしい医薬品を容易に入手することができます. また,価格も容易に比較できて,より安価なものを買うことができます. ネット販売が禁止されると,このような選択の幅がずっとせまくなってしまいます.

ネット販売には危険がともなうということで今回の規制がおこなわれているわけですが,その対策はすでに提案されていますし,おおきな副作用がないものに限定すれば,それほど問題はないものとおもいます. 薬局で買うときでも,こちらからコメントをもとめないかぎりは,花粉症やかぜのくすりなどに関しては店員からコメントされることはまずありません. したがって,ネット販売を規制することは,すくなくとも私にとっては単に選択の幅がかぎられる以外になんの効果もありません.

本格的な規制は 1 年間延期されたということですが,花粉症やかぜのくすりを不定期にネットで買ってきた私はすぐに実施される規制の影響をうける可能性があります. ぜひともこのような規制は撤回していただきたいとかんがえています.

関連ページ:

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3922

コメント (2)

■パブコメも効果なく議論終了、医薬品ネット販売規制へ - 楽天は訴訟検討も―あくまで自己責任ということで実施すれば問題はないのでは?
こんにちは。医薬品ネット販売が規制されますね。私は、この問題はなかなか難しいと思います。まちがなく、消費者の切実なニーズはあるでしょうし、もう一方で危険性がつきまとうことも事実です。しかし、最終的には、消費者の自己責任において購入することを前提として、ネットで個々の消費者にあわせた医薬品に関する情報を提供することにより実現することが出来るのではないかと思います。そのための第三者機関を設けて、そこから情報を発信するようにすべきと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

yutakarlson さん,
ブログを拝見しました. 「第三者機関」 をつくるというのは,いささかおおげさな気がします. 初回だけ薬局に行ってもらって,次回からはおなじくすりを自己責任でインターネットから買うことができるようにするというような方法がとれるのではないでしょうか?

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type