[ トップページ ]
生活:園芸

大根の辛味をもとめて栽培する…

プランターでそだてている野菜のなかに,こぶりの大根が何種類かある. 二十日大根も 2 種類くらいあり,ほかに 30 日大根とか辛味大根とかいうものもある. 大根をいろいろためしている理由のひとつは,最近ちかくの店で売っている大根に辛味がすくないが,私自身は辛味のあるものがたべたいということがある.

辛味のある大根をつくっても,家族はあまり興味がないようである. 大根はあまいもののほうがよいようである. それはわが家だけではなくて,世間一般でもそのようである.

だから,辛味のつよいものはあまり売っていない. ふつうの大根も,むかしは辛いものがおおかったとおもうのだが,最近のものはおろしてさえもあまり辛味がない.

大根をさしみのつけあわせとしてつかうのも,もともと,わさびなどとおなじような目的だったのではないだろうか. いまでは単なるかざりになってしまっているようだ.

radish0904.jpg 2009-4-18 追記:
これまで二十日大根をつくってもだいたい,こぶりだった. しかし,きょうとれたものは最大で直径 27 mm あった. なかにはパックリわれているのもあるが,それ以外は上出来といってよいだろう.

関連項目:

キーワード: はつかだいこん, ハツカダイコン, 二十日大根, からみだいこん, カラミダイコン, 根菜

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3751

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type