[ トップページ ]
生活:園芸

加温なしでハラペーニョ,ナス,ミニトマトの苗をそだてる

3 月なかばから,ハラペーニョ,ナス,ミニトマトをそだてている. セルトレイにたねをまき,室内においた. いずれも発芽適温として 25℃ くらいの温度を必要とするため,屋外では発芽しにくいからである. 室内でもなかなか発芽しないものもあったが,4 月にはいって,だいたいそろった. 1 週間くらいまえにうえかえた. トマトがもっとも優勢なようである.

IndoorPlanter0904a.jpg IndoorPlanter0904b.jpg

うえの写真では 3 種類の苗がまざっていてわかりにくいので,分離してうつしてみる. 左から順にハラペーニョ,ナス,ミニトマトだとおもう. 葉のかたちにだんだん特徴があらわれてきたので,くべつがつくようになったが,最初はほとんどくべつがつかなかった.

Jalapeno0904.jpg Eggplant0904.jpg Tomato0904.jpg

2009-5-23, 6-6 追記:
うえの写真でわかるように,プランターはまどの内側においていた. 日があたる南側のまどである. 収納ケースをつかったプランターの内側のレジ袋にはあながあけてあるので,そのままでは水をやったときに窓をぬらしてしまう危険がある. そこで,プランター全体をさらにレジ袋にいれてある.

これで,よほどさむくならないかぎりは生育に適した温度になる. ただし,発芽の際にはよりたかい温度にしたほうがよいだろう. トマトとナスに関しては問題なかったが,ハラペーニョはいささか発芽率がひくかった. 通常はこれらの育苗には加温できる育苗器がつかわれるが,特別にそんなものを用意しなくても,なんとかそだてることができた.

キーワード: とうがらし, 唐辛子, なす, 茄子, とまと, 高温性野菜

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3761

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type