[ トップページ ]
情報通信博物館:コンピュータ館

マウスのコードがものにぶつかると…

机のうえにはディスプレイとキーボードとマウスしかないという環境なら,こういうことはおこらないのだろうが… 家でも会社でも,私の机のうえにはいろいろなものがのっている. また,そのためにせまくなっているので,マウスのコードがディスプレイのちかくをとおっている. その結果なにがおこるかというと,マウスのコードがいろいろなものにぶつかって,マウスがうごかしづらくなるのである.

マウスのコードがものにぶつかると,コードを押して曲げなければマウスをすすめることができなくなる. つまり,それだけ,ちからをかける必要がある. そんなのはたいしたちからではないはずなのだが,それによって,マウスがひどくつかいにくくなる.

そもそもマウスは 1 mm 以下の精度で位置ぎめしないと,目的の点にぴったりあわせられない. そういうときには,よけいなちからをかけなければならないことは非常な苦痛をともなう. 最近のマウスはコードがほそくなって,ぶつかったときにそれほど,ちからをかけなくてもよいようになった. しかし,それでもまだ気になる. コードレス・マウスならこういう問題はないが,コードレス・マウスにはほかの問題がある. また,あいかわらず機械式のマウスもつかっている.

解決するためには,コードがものにぶつからないようにしなければならない. まずはコードの位置をかえて,ぶつからないようにする. しかし,マウスをうごかしているうちに,また,もとに位置にもどってしまう. だから,ぶつからないようにするにはコードのかたち,つまりまがりかたをかえる必要がでてくる. なぜか,ちょうどぶつかるところが尖って,ぶつかりやすくなったりするのである.

そこで,尖ったところをのばし,ほかのところをまげる. そうやって整形すると,しばらくはぶつからないようになる. これでまた,しばらくは快適にマウスをつかうことができる.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3590

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type