[ トップページ ]
書評:知的生産とリテラシー, 知的生産とリテラシー:読書法

1 冊にまとめる利点はわかるが,紙に書く必要があるか? ― 奥野 宣之 著 「読書は 1 冊のノートにまとめなさい ― 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング」

本を読んでえた情報も,読みたい本に関する情報も,みな 1 冊のノートにまとめることをすすめている. ひとつにまとめることで,あつかいやすくなるのはたしかだろう. しかし,著者もすべてをこのノートでまにあわせているわけではなく,書店で買いたい本は 「探書リスト」 というべつの紙に書き,検索にはアマゾンやセブンアンドワイをつかうという.

それなら,ブログやアマゾン,BK1 の書評欄を読書ノートとしてつかい,それらの保存用カートを 「探書リスト」 としてつかう私のやりかたでも,おなじようなことができる. このほうが読書ノートを検索しやすいし,とくに BK1 では書評にすばやくフィードバックがかえってくるので,書きがいがある. もちろん 「探書リスト」 の本をすぐに発注することができる.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 読書は1冊のノートにまとめなさい@ [bk1]読書は1冊のノートにまとめなさい@Amazon.co.jp

付記:
著者は本を読むまえにカバーをはずしておくという. これは私とおなじ習慣だ. こういう話を読んだことはいままでなかった. つまり,私とおなじ習慣をもっているひとがいるということは,しらなかった. 私はしばしばはがしたカバーをなくしてしまうが,著者はそれをファイルしてとっておくという. 律儀なひとだ.

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3560

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type