[ トップページ ]
政治・法律・憲法:小泉純一郎内閣, 社会・経済:社会保険・高齢者対策・福祉サービス, 社会・経済:若年者問題・ワーキングプア・プレカリアート

非正規雇用者のセーフティネットが整備されていないのは小泉元首相の責任だ

小泉首相の時代には非正規労働者を増加させるような政策がとられた. それは,グローバリゼーションのなかで日本企業が活路をみいだせるようにし,日本経済を復活させるために必要だったといえるだろう. しかし,そのとき,非正規労働者に対応できないセーフティネットはそのまま放置されていた. その結果,いま,急速な景気悪化とともに,非正規労働者にとってあまりに過酷な状態が発生している. 非正規雇用の増大とあわせて,セーテフィネットが非正規労働者にあわせて改革されていれば,これほどひどいことにはならなかっただろう.

非正規労働者の増大は日本だけの問題ではない. しかし,失業保険,健康保険,生活保護などのセーフィネットがしばしば非正規労働者に対してうまく機能していないのは,むしろ日本固有の問題である.

オランダでは正規労働者と非正規労働者との賃金格差はすくないうえに,セーフティネットが非正規労働者にうまくはたらくように制度がととのえられているという. 問題が顕在化したから対策がとられたわけだが,日本でも解決可能な問題がありながら,放置されてきたようにおもわれる. それを放置していたのは当時,首相だった小泉純一郎に責任があるといわざるをえないだろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3418

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type