[ トップページ ]
言語・コミュニケーションとネットワーキング:新聞・マスコミ・ジャーナリズム, 書評, 社会・経済

勝間和代ばかりがめだつ,新聞や雑誌の経済欄

けさの朝日新聞に勝間和代のコラムがあった. 勝間は本もたくさんだしているし,経済雑誌などをみても勝間の記事をよくみかける. 本を読めばたしかにスゴイことが書いてあって参考になる. しかし,これほどあちらこちらでみかけると,うんざりしてくる. 日本では人気の評論家ばかりをとりあげる傾向があるが,勝間もそれに乗っている. いくらスゴイひとでも言うことはそんなにかわらない. それよりも,やはりいろいろなひとの意見をきくことのほうが大事だろう.

勝間の本のなかで,私も 「効率が 10 倍アップする新・知的生産術 ― 自分をグーグル化する方法」 という本を読んだ. また,その本を 「本を読む時は線引きやまとめ書きなどしないという徹底した読書術」,「本のあつかいに関する勝間流と金田流とのちがい」,「本の買いかたと捨てかた」 の各項目で話題にしてきた.

これだけ何回もとりあげるのは,それだけ影響をうけたということだ. しかし,読みたい本はほかにたくさんあるので,ほかの勝間の本はまだ読んでいない. 1 冊よめば,とりあえず十分だとおもっている.

おなじように,新聞や雑誌でも,それほど頻繁に勝間の記事をみたいとはおもわない. もっといろいろなひとの意見をとりこんでほしいものだとおもう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3408

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type