[ トップページ ]
オーディオ博物館

iPod はなぜ売れているのか?

iPod は iTune とのくみあわせで売れていると,きかされてきた. たしかにアメリカではそうなのかもしれない. しかし,どうやら日本ではちがうようだ. iPod はすこしカッコいい MP3 プレヤーとしてつかわれている. ただの MP3 プレヤーなら,ほかにもたくさんあるのに…

iPod-nano-blue.jpg 私のこどもから,まわりで iPod (アイポッド) をもつこどもがふえているときいた. かれらがどういうつかいかたをしているかというと,CD を借りてきて,そこから iTune (アイチューン) でコピーしていれているということだ. つくったファイルを他人にあげたりしなければ,このつかいかたでも著作権法に違反しているとはいえない. こうすれば,1 枚の CD から 2 曲以上コピーするなら,iTune でダウンロードしてくるより,ずっとやすくてすむ.

こどもも iPod がほしいといった. CD からコピーするという話をきいて,私はそれならほかの MP3 プレヤーでもいいんじゃないかといって,他社のプレヤーをさがしてみた. iPod より安価なものはもちろんあるが,品質とメモリ容量,デザインなどをかんがえあわせると,他にあまりよいものがないこともわかった.

しかし,ほかのでもいいんじゃないかといった手前,ウォークマンの情報をコピーして,こどもにわたしてみた. しかし,結局,興味をひかなかった. 私自身,ウォークマンがたいしてやすいわけでもないので,それなら,CD からのコピーだけでなく iTune ストアもためせる iPod を買ったほうがよいのではないかとおもった.

そういうわけで,すくなくとも日本では iPod は iTune で音楽を買っていれるために売れているのでないことをさとった. iPod が十分,競合的な価格をつけているために,CD からコピーしてつかうだけの目的でも,他社にそれよりコスト・パフォーマンスのよい製品がないのが原因なのだろう. また,デザインにおいて Apple (アップル) に勝てないこともおおきいだろう.

音質においては iPod はけっしてよいとはいえない. 他社製品にもっとよいものがあるだろう. しかし,他社も競合するためにはそれほどたかい値段はつけられない. 結局,従来のオーディオ用の回路やイヤホンにくらべればずっと性能のひくい,カタログに性能を表記できないようなものしかつけられない (Apple もだが,他社も従来のオーディオ製品のカタログには必須だった周波数特性やひずみ率などを MP3 プレヤーには書いていない). せめて私はこどもにもっとよいヘッドフォンをあたえることにしようとおもう. 本体はどうしようもないが,ヘッドフォンだけかえればかなり改善されることがわかっているからだ.

関連項目:

キーワード: Apple, アップル, アイポッド, アイチューン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3431

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type