[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

BSE や蒟蒻畑より餅のほうがよほど危険で対策が必要

1 月に餅をのどにつまらせて死ぬひとの数は,年によってちがうだろうが,200 人くらいいるということだ. それにもかかわらず,有効な対策はとられていない. それに対して,まだ日本では 1 人も死んでいない BSE (狂牛病) の対策として,いまだに牛の全頭検査がおこなわれている. こんな検査はやめて,そのカネをもちの対策につかうほうがよいのではないだろうか?

最近,マンナンライフの蒟蒻畑 (こんにゃくばたけ) をのどにつまらせて死ぬひとがいることが問題視され,製品を改良することが余儀なくされた. しかし,死者は年に 1 人程度ということだ. これも,もちによる死者よりはるかにすくない. この問題のばあいは公的資金がかかっているわけではないが,一企業の死活にかかわる問題である.

関連ページ:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3395

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type