[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験, インテリア・家具・機器の博物館, インターフェース・デザイン・アメニティ:リモコンのインターフェース

ボタンのおしまちがい防止のためのリモコンの改造

安価なエアコンのリモコンは,すべてのボタンが表面にでています. めったにつかわないボタンも他のボタンとおなじようにできているので,おしまちがえやすいという問題点があります. 設計をもうすこしくふうすることはできるとおもうのですが,買ってしまったものはしかたがないので,自分でボタンを加工して,おしまちがえにくくしました.

AirCondController.jpg AirCondControllerButtons.jpg どのボタンをどれだけつかうかは,ひとによってちがうでしょう. しかし,すくなくとも,わたしの家では 「おやすみ」,「おはよう」 ボタンはほとんどつかわれていません. 母がこのボタンをあやまっておしてしまうことがないように,写真のようにボタン・トップをけずって,突起をなくしました. 右の写真はけずりとったボタン・トップです.

加工するまえに,ボタンの構造を確認するために,ネジをはずして内部をみました. しかし,結果的にはネジをはずさずに外部からカッターで加工すれば十分だったとおもいます.

リモコンによっては,はじめから一部のボタンが突起しないようにつくってあります. エアコンのリモコンでそういうものがあるのかどうかはしりませんが,このリモコンがそのようにできていれば,この加工は不要でした. 設計時にどのような検討をしたのかはわかりませんが,できあがったリモコンをみるかぎりは,ボタンの使用頻度は設計において考慮されていないようにみえます. しかし,すくなくともこのような加工が可能なようにつくってあったので,それを実現することができました.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3065

コメントを投稿

dasyn_1011-04

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type