[ トップページ ]
情報通信博物館:iPhone, オーディオ博物館

iPhone で iPod をつかってみたが,ひどい音!

これまで iPod をもっていませんでしたが,iPhone を買ったので,その iPod 機能をつかってみました. すでに iTune には Windows PC 上にあった音源がはいっているので,同期をとるとそれらが iPhone にもはいります. まだ iPod 用の音源は買っていないので,すでにはいっているものはみな MP3 のファイルです. MP3 であることによる音質劣化もあるはずですが,iPhone のイヤフォンがぼろいことによる劣化がもっともおおきく,つぎに iPhone の出力がちいさいことによる劣化がおおきく,それにくらべると圧縮による劣化はめだたないという結果でした.

hero-iphoneheadset.jpg すでに iTune にはいっていた音源はインターネットからひろってきたものや自前でつくったものなどです. まずは iPhone 付属のマイクつきイヤフォンでそれらをきいてみました. これはきくにたえない音といってよいでしょう.

ひどい音の原因をたしかめるために,まずイヤフォンをソニー (Sony) のインナーイヤー型イヤフォン MDR-E888SP にかえてみました. このイヤフォンはオープンエア型としてはよいほうだとおもいますが,高音がでなくなって,かえってヌケのわるいおとになってしまいました. これはダメです.

iPhone-iPod.jpg つぎにゼンハイザー (Sennheiser) の HD497 をためしました. これで音は劇的に改善されました. 劣化のおもな原因がイヤフォンにあることがわかりました. しかし,このヘッドフォンは効率がそれほどよくないので,出力のちいさい iPhone / iPod では,おおきな音は飽和してしまいます (2008-9-6 追記: 効率がそれほどよくないと書きましたが,HD497 の測定・評価のページによれば効率は他社の平均的なヘッドフォンよりだいぶよい 112dB/mW であり,比較的 iPod むきということができるとおもいます. カタログ上もっと効率のよいものとしては,おなじゼンハイザーの HD25,シュア (Shure) の SE530 ほか数個程度にかぎられるようです).

さらに,ソニーの密閉型のイヤフォン (型名不明) にかえてみました. このほうが効率がよいようで,やや音に余裕がでます. しかし,音の自然さでは HD497 におとります.

そういうわけで,もし家のなかできくのなら HD497 をつかうのがよいでしょうが,そもそも家のなかで音のわるい iPhone / iPod をつかう理由はありません. 騒音のおおきいところで音楽をきくつもりもないので,やはり今後は iPod 機能をつかうことはほとんどないでしょう.

2009-11-28 追記:
iPod Nano のイヤフォンについては 「iPod とのくみあわせで自然な声を再生する iPod のイヤフォン」 で評価した. よい点もあるが,やはり音はよくない. 「家電批評 2009 年 12 月号 にも iPod のイヤフォンを Walkman とくらべて,後者に軍配をあげている. その一方で,本体の音はそうわるくないということも書いている. iPhone について私が感じたのとほぼ同様だ.

キーワード: Apple, アップル, アイフォーン, アイポッド, イヤーフォン, イヤーホン, ヘッドフォン, ヘッドホン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2853

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type