[ トップページ ]
インテリア・家具・機器の博物館, 観光・旅行・出張:国内旅行・出張

歩行者モードでもなんとかつかえた (:-) Garmin のカーナビ

くるまにはカネをかけないことにしているので,これまでカーナビはつかっていませんでした. しかし,レンタカーでカーナビをつかうと,やはりそれなりに便利です. 最近は安価なカーナビがいろいろあるので,ようやく Garmin の nüvi250 という機種を 3 万円弱で買いました. そもそもあまりくるまをつかっていないのでカーナビもなかなかつかう機会がないのですが,自動車ではなくて歩行者モードになってはいたものの,やっとつかってみたので,感想などを書いてみたいとおもいます.

目的地検索がおそい

nuvi250.jpg 東京の自宅から三浦半島までいくのにカーナビをつかってみました. まずは目的地を指定しないまま首都高で横浜までいって,一般道におりてからまず目的地として 「八景島」 を指定しました. しばらく (30 秒くらい?) 待っても検索結果がでないので,「横浜八景島」 といれなおすと,しばらくして検索結果がえられました. ルート検索がおそいのはある程度やむをえませんが,目的地をさがすのにこんなに時間がかかるのは,なんとかしてほしいですね. みつけられないのであればそうこたえてほしい.

ルートをみうしなう

つぎに行ったのは三渓園です. 検索してみつかったのは三渓園の駐車場でした. 三渓園には 2 つの入口があって,どちらも駐車場がありますが,みつかったのはたぶん正門の駐車場です. 正門はほそい道の奥にあって,あまりわかりやすいところではありません. 南門は産業道路からすぐのところにあるので,そのほうがわかりやすいとおもえます.

しかし,カーナビをたよりにすれば,正門にいきつけるのではないかとおもいました. ところが,カーナビが指示するまがりかどをうっかりいきすぎてしまいました. するとカーナビは 「検索中」 をくりかえすばかりで,どちらにすすんでよいのか,わからなくなりました.

やむなく,ふたたび産業道路にでて,カーナビは無視して南門をめざしました. 南門にはかんたんにいきつけましたが,その間,カーナビはずっと正門への道をさがして指示しつづけました. これは,そもそも目的地を検索したときに選択肢として南門があるべきでしょう. まちがえても正門への道をすぐにしめせればよいのですが,それもできず,わかりにくい正門にこだわりつづけられても,こまります.

歩行者モードなのに高速をナビしてくれる

つぎはきょうの本来の目的地である三浦半島です. 目的の場所そのものはなまえで検索できなかったので,ちかくにある 「ソレイユの丘」 を目的地とし,金沢自然公園の高速入口を中間目標としていれました. 歩行者モードになっているのに,なぜかただしく高速道路をナビしてくれます. 高速道路をおりてからはカーナビにしたがわずに運転しましたが,それまではただしくナビしてくれました.

高速入口の逆送を指示される

三浦半島からのかえりにも,自宅を目的地として指定すると,高速道路の入口をただしく指示してくれました. ただ,指示どおりに運転していると,奇妙なところで高速道路 (横浜横須賀道路) からおりることを指示されました. いったんはその指示にしたがいましたが,もう一度その高速道路にのると,ずっと,おりろ,もどれという指示をくりかえしました. もっとも奇妙だったのは,左車線にはいって,左手前 (後方) にまがれと指示されたことです. つまり,高速道路の入口を逆送して高速道路から出ろということでしょう. たしかに歩行者ならそうできるはずですが,これは歩行者がまちがって高速道路にまよいこんだときの指示なのでしょうか? しかし,そうだとするとなぜ左車線にはいれなどと指示するのでしょうか? 歩行者なら車線のなかをあるくことはかんがえられません.

おわりに

いずれにしても,この指示を無視しつづけて,東京からきた道を反対にすすんで首都高を経由し,自宅にもどってきました. モードが歩行者,自転車,自動車の 3 つあり,歩行者モードになっているということに気づいたのはそのあとです. 歩行者モードで運転するという普通はやらないだろうことを経験しましたが,それでも意外につかえたというのが感想です. 自動車モードになっていれば,もっとうまくつかえたことはまちがいありません. このつぎはそれをためしてみます.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2902

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type