[ トップページ ]
情報通信博物館:iPhone, インテリア・家具・機器の博物館:カメラ (写真機,ビデオカメラ), インターフェース・デザイン・アメニティ:コンピュータ・仮想世界 (ヴァーチャルワールド)

デジカメに必須 (!?) な加速度センサー ― iPhone のインタフェースをやっと理解した

iPhone を 90° 回転させると画面も回転します. 便利ですがそのために加速度センサーをつけるほどの価値があるのか疑問におもっていました. まだ iPhone を手にとってはいないのですが,写真をとってそれをすぐにつかうときなど,加速度センサーがあるのとないのとではおおちがいであることに,やっと気づきました.

features_hero_accelerometer20080115.jpg デジカメで写真をとるとき,±90° 回転させてとることがよくあります. とった写真をあとで整理するときに回転させればよいのですが,わすれて,もとのまま印刷してしまうことがときどきあります. 加速度センサーがついてれば,写真をとったときに自動的に天地をきめればよいので,手動で回転させる必要はなくなり,あわせて,このようなまちがいはふせげます (写真は Apple から借用). 通常はカメラを 180° 回転させてうつすことはありませんが,このようにしても天地をただしく判定できるわけです.

写真をオフラインで処理するときは手動で回転させる時間はそれほど問題にはなりませんが,iPhone のようにとった写真をすぐにメイルでおくったり Web にのせたりすることができるときには,自動的に回転してくれればスピードが全然ちがってきます. iPhone においては自動的に写真の天地をあわせ GPS の情報を付加して送信することができます. これはフィールドでブログを書くようなときには非常に重要な機能だとおもいます.

関連項目 (2008-7-27 追記):

2008-8-5 追記:
iPhone を買ってきたので,まわしながら写真をとって,たしかめました. やはり,どちらに回転させて写真をとっても,天地をあわせてくれます. こうでなければ…

キーワード: Apple, アップル, アイフォーン, アイフォン, ディジタルカメラ, デジカメ, デジタルカメラ, 写真機

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2831

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type