[ トップページ ]
数学・計算・情報学・プログラミング:オペレーティングシステム

Windows Vista がこわれた !?

きょう,2 回,このブログを書くのにつかっている Windows Vista をのせた PC が自動的にリブートしました. しらべてみると,セキュリティ・ログに tcpip.sys などに関する複数の 「失敗の監査」 が記録されていることがわかりました. 修復ないし再インストールが必要なようです.

最近,ディスクが逼迫していることをのぞけば,とくに問題になるようなことはおこっていません. にもかかわらず,tcpip.sys をはじめ,いくつかのファイルに関して 「失敗の監査」 が記録されています. tcpip.sys に関しては,つぎのようなメッセージがのこっています.

コードの整合性によって、ファイルのイメージ ハッシュが有効でないと判断されました。このファイルは、無許可の変更によって破損しているか、無効なハッシュがディスク デバイス エラーの可能性を示している場合があります。

ファイル名: \Device\HarddiskVolume1\Windows\System32\drivers\tcpip.sys

GVTDrv.sys と GPCIDrv.sys に関しても同様のメッセージが登録されています. このままつかっていると,またいつリブートがおこるか,わかりません. とはいっても,修復や再インストールとなればバックアップも必要になるし,やっかいです.

2008-8-2 追記:
その後 tcpip.sys だけをいれかえて,つかいつづけています. ほぼ安定動作しているところをみると,常時使用しているこわれたファイルはこれだけだったようです. 監査に失敗することもなくなりました. (ただし,GVTDrv.sys と GPCIDrv.sys に関しては整合性がないことがセキュリティ・ログにおいて 「情報」 としてのこされています.) めんどうなことにならなくて,よかった.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2637

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type