[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント, 書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント

BCCKS 清野とおる 未収録漫画

BCCKS」 という Web サイトがあります. ここでは「本がかんたんにつくれる」ということですが,すでに多数のオンラインの 「本」 があります. そのなかに 「清野とおる 未収録漫画」 というのがあります. 雑誌に発表するつもりで書きながら未収録におわった作品をのせたものですが,これをみると,紙メディアのために書いた作品を,うまく Web の紙とのちがいをいかしてプレゼンしていて,感心しました.

KiyonoManga.jpg 漫画を紙に印刷するときは,通常は 1 ページに数コマ,配置します. そのため,ほんとうはまだみせたくないものまで,一度に読者にみせてしまうことになります. サイズをちいさくすれば 1 ページ 1 コマにすることができるでしょうが,それではとても厚くなってしまいます. また,おおきな絵をかくことができなくなってしまうことも問題なのでしょう.

BCCKS においても実はひとつの Web ページに本の複数のページが配置されているのですが (たぶんそうしないとサクサク表示してくれないからだとおもいます),ウィンドウ・サイズをちいさくして,1 ページ (見開き) ずつ表示されるようにしています. 最初にウィンドウ・サイズがきまってしまうので,おおきな絵を表示できない弱点はありますが,PC のディスプレイの解像度がそれほどたかくないこともあるので,これはいまのところ,やむをえないでしょう.

清野はページ数に制限がないというこの Web の特性をいかして,漫画をひとコマずつ (あるいはときには 2 コマ以上まとめて) きりはなして,各ページに配置しています. 読者はこれをめくっていくことになるので,紙に印刷されたものより,うごきがでてきます. また,コマごとに拡大率をかえています. 単にコマがちいさくて余白がおおきくなるのをさけるためではなくて,拡大することでより迫力のある表現をねらっているようにみえます.

これまで Web 上で漫画をみたことはほとんどありませんでしたが,この 「本」 をみて,Web 上での漫画のあたらしい可能性に気づきました. ほかにもおもしろいものがあるか,BCCKS 上をさがしてみましたが,とりあえずはみつかりませんでした. それでも,ちょっとおもしろい経験をすることができました.

キーワード: マンガ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2545

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type