[ トップページ ]
社会・経済:乗物と道路・駅, 言語・コミュニケーションとネットワーキング

外国人の立場にたっていない JR のアナウンス

数年前,戸塚に通勤していたときに,東京テレポートにいくつもりで電車にのったのに横浜につれていかれてしまった外国人にであいました. それは湘南新宿ラインの電車で英語のアナウンスがないためでした. この点は改善されましたが,いまでも,外国人にはとても理解できないような内容のアナウンスをしています. どうも,こまったものです.

山手線や湘南新宿ラインにのっているひとが東京テレポート方面にいくには,大崎で臨海線にのりかえる必要があります. のりかえる線名は Rinkai Line とだけいえば十分でしょう. ほかにまぎらわしい線はありません. ところが,アナウンスでは “Tokyo Rinkai Tetsudo Rinkai Line” といっています. “Line” 以外は英単語ではないので,とてもわかりにくい. なぜ,わざわざこんなわかりにくいアナウンスをするのか,理解できません. どう表現すれば外国人に理解してもらえるのかをかんがえていないとしか,おもえません.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2639

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type