[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:建築・都市計画, 観光・旅行・出張:散歩・まちあるき

銀座にも巨大なすがたをのぞかせる東京国際フォーラムと,丸ノ内周辺の歴史様式のビルたち (銀座近辺の建築散歩 9)

大門駅から東京駅まで散歩するなかで,東京国際フォーラムと丸ノ内周辺にある農林中央金庫ビル,明治生命ビルなどをみてきました.

東京国際フォーラムは 7 つのホールと美術館,店などの集合体だということです. もう完成してから 3 年以上たつようですが,これまで行ったことがありませんでした. 銀座中央通りから左手の道をみると,その奥におおきな建物がみえます (最初の写真). 最初はなんなのか,わかりませんでした. 京橋から左折して東京駅にちかづいていくと,全貌がみえるようになりました (2 番めの写真).

TokyoForum0.jpg TokyoForum1.jpg

これ以降の写真は東京フォーラムのなかにはいってからのものです. ボケた写真がおおかったので,あまり全体がわかるようにはうつっていません. 国際会議場であって一般のひとはあまりいかないところなのかと勝手におもっていましたが,行ってみて,ひとがおおいのにおどろきました. イベント・カレンダーをみても,ひとがおおい原因はよくわかりません. このひとたちは,なんのためにここにきたのでしょうか?

TokyoForum2.jpg TokyoForum3.jpg TokyoForum4.jpg TokyoForum5.jpg

このあたりでもいくつか工事がおこなわれていますが,いま最大のものは丸ノ内パークビルのようです.

MarunouchiPark1.jpg MarunouchiPark2.jpg MarunouchiPark3.jpg

このあたりは,ふるいビルの全部または一部を保存しながらの高層化がすすんでいますが,農林中央金庫もそういうビルのひとつです. イオニア式の柱がならんでいますが,最初の写真における建物の左側の面にある右の 2 本はまるみがなく,実際は柱でないとおもわれます.

NorinChuo1.jpg NorinChuo2.jpg NorinChuo3.jpg

ふるいビルとあたらしいビルを調和させるひとつのやりかたが明治生命ビルにおいて,おこなわれています. 明治生命館とよばれる重要文化財に指定されたビルには,コリント式の柱がつかわれています. まどはすっきりしたアーチになっています.

MeijiSeimei1.jpg MeijiSeimei2.jpg MeijiSeimei3.jpg MeijiSeimei4.jpg

新旧の建物のあいだをアトリウムでつないでいます. つぎの 2 枚の写真はそれらの建物のあいだをうつしたものです.

MeijiSeimei5.jpg MeijiSeimei6.jpg

ふるい建物の背面はアトリウムがひろがっていて,そこにレストランがはいっています. 建物に雨がかからないことで保存性はよくなっているのでしょうが,奇妙な感じもします.

MeijiSeimei7.jpg

最後は東京駅の丸ノ内側と東京中央郵便局です.

TokyoStation.jpg TokyoCentralPost.jpg

キーワード: 明治生命館, まちあるき, 町歩き

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2689

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type