[ トップページ ]
観光・旅行・出張:海外旅行・出張, 地理・地域:韓国・朝鮮

釜山への学会出張 (2 日め)

学会は 13:00 すぎからひらかれます. 夜がながいので,会社の仕事はできるだけ夜にまわして,午前は地下鉄をつかって,やや遠出しました.

朝はホテルのちかくの店で牛の血をかためたものがたっぷりはいった粥をたべました. おもわずこれをえらんでしまいましたが,これはたぶん高プリン体食品なので,ふつうの牛肉がはいったものにしておけばよかったとおもいます. きのう過食したのに,また朝からしっかりたべてしまいました. ここにはおなじような店がいくつもならんでいて,どこにはいればよいのか,まよいます.

学会は 13:00 すぎからひらかれます. 夜がながいので,会社の仕事はできるだけ夜にまわして,午前は地下鉄をつかって,やや遠出しました. 地下鉄の料金は 2 段階で単純です. 路線図がいろわけしてあるので,行き先がわかればすぐに料金もわかります. ところが,なぜかいちいち駅名をいれなければ買えないようになっています. ハングルをよくみなければえらべません. なぜ金額でえらばせてくれないのでしょうか?

DongnaeSpaMuseum.jpg 海雲台 (해운대,Haeundae,ヘウンデ) から 3 つの線をのりついで,Line 1 の Dongnae (東萊) という駅でおりて,温泉博物館のあたりを散策しました. ここをえらんだのは,いくつかの歴史的な観光資源があるからです. Line 1 の沿線にはほかにも寺などがあるのですが,それらは駅からはなれていて半日以下ではまわれそうにありません. Dongnae にはあるいてまわれそうな場所があるのでここにしました. 昨日は過食しているので,できるだけあるきたいということもあります.

温泉博物館じたい (右の写真の建物) はみませんでしたが,そこからしばらくあるいて,いくつかの建物をみました. ここには Dongnaeupseong Fortress という城壁があって,それにそってあるいていきますが,階段がおおくて (100 段以上) つかれました. 会社にかよう道などである程度は足をつかっているので,この程度の階段は問題ないものとおもいましたが,途中で何回か,やすまざるをえませんでした. どうも,なさけないしだいです.

Dongae4.jpg Dongnae1.jpg Dongnae2.jpg Dongnae3.jpg
温泉博物館ちかくの建物たち

写真をみてわかるように,屋根をふくめておなじようなつくりの建物 (門?) がおおくて,変化がとぼしいようにおもいます.

BusanUchiwa.jpg 学会でもらったのは折りたたみ傘と,きれいにつくられたうちわでした. 傘はつかえるとおもいますが,これはむしろ,きのうほしかった.傘をもってこなかったのに,きのうは雨がふったのです. 天気予報でも雨が降ることになっていたので,持ってこようとおもいつつ,いれるのをわすれていたのですが…

暑いおもいをするのは宿泊しているホテルだけではありませんでした. 学会の会場もとても暑い. カーデガンをぬぎ,シャツのそでをまくってもなお,たえがたいあつさです. なぜこれで,おおくのひとはジャケットを着たままでいられるのでしょうか? しかしさいわい,となりのへやにうつることで (?) この状態は解消されました.

きょうの夜はいきなり,会場の Paradise Hotel での banquet (バンケット) がありました. 通常は reception (レセプション) が初日でつぎの日くらいに banquet があるところなのですが… Reception 兼 banquet なので立食かとおもいましたが,テーブルについてのきちんとした banquet でした. 料理の味はそれなりでしたが,日本の高級ホテルではこういう料理はださないでしょう. メイン・ディッシュはすじっぽくてややかたい牛肉のステーキでした. 日本人と韓国人の趣味のちがいかもしれません. ワインはアルゼンチンのカベルネ・ソービニヨン,これはブーケもあって,けっこうよかったとおもいます. Banquet では論文賞 4 件の発表もありましたが,4 人のうち 2 人が banquet 会場にきていないというありさまです. ちゃんと連絡して,こなければ賞はあげないというくらいのことをしてもよいのではないでしょうか?

いただけなかったのは照明です. 部屋中に色がかわる発行ダイオードがあって,青,緑,白など,つぎつぎに色がかわっていきます. 客をかんがえずホテルの趣味で照明をきめているとしかおもえません. Banquet だとほとんど最後までつきあわざるをえないし,あすの発表の準備もあるので,きょうは仕事の時間はあまりのこっていません.

キーワード: 부산, Busan, Pusan, プサン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1952

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type