[ トップページ ]
オーディオ博物館, メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

アンチェル - チェコフィル によるスメタナ,ドボルザーク,ムソルグスキー

フルトヴェングラーによるモーツァルトのピアノ協奏曲 20 番と田園交響曲」 という項目に書いたのとおなじ “Great Conductors” という 10 枚組の CD のなかにアンチェル指揮によるスメタナ 「売られた花嫁」 序曲,ドボルザーク 「新世界から」,ムソルグスキー 「展覧会の絵」 の 3 曲がはいった CD があります. アンチェル - チェコフィル によるスメタナとドボルザークというのは魅力的なくみあわせですが,その期待にこたえてくれます.

GreatConductors.jpg 録音は 1958 年ということですが,それにしてはかなりよい. おくゆきもありますが,これはリミックス時につけたのでしょう. 残響を付加してもあまりドロドロした音になっていないのは,もともとはかなりデッドな音だったということでしょうか? ライブなので咳などのノイズははいりますが,それをのぞけば,満足すべき演奏と録音ということができます.

キーワード: Karel Anĉerl, Czech Philharmonic Orchestra, Dvořák, Smetana, 交響曲第9番

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1481

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type