[ トップページ ]
Web とインターネット:ブログ, Web とインターネット:私の Web サイト, 言語・コミュニケーションとネットワーキング

ブログの機能をいかすには? ― 検索エンジン対応と議論の活性化

ブログの機能として,情報発信つまり一方向のコミュニケーション機能と,議論つまり双方向のコミュニケーション機能とがあります. ただ書くだけではどちらの機能も十分にはたすことはできません. どうすればそれらの機能をよりよくはたすことができるか,かんがえてみます.

すでにブログで活発な情報発信や議論をしているひとにとっては,たぶんあたりまえのことなのでしょうが,私にはまだどうすればこのブログがこれらの 2 つの機能をよりよくはたせるようになるのかが,十分にはわかっていません. しかし,これまでまず情報発信の機能を改善することにはとりくんできました. それは,検索エンジンで上位にランクされるようにするということです. ブログ検索エンジンでとりあげてもらうためには ping をおくることが重要です. 私は最初はそれがわかっていなかったので,ほとんどだれにもみてもらえなかったのではないかとおもいます (最近まで統計をとっていなかったので,実際にどうだったのかはわかりませんが).

しかし,それだけでなく,通常の Web 検索エンジンへの対策もしています. これは,Web サイトをはやらせようとするひとなら,だれでもやっていることです. もう長期にわたって,検索サイトと Web サイトとはこの点でたたかってきました. つまり,なんとか上位にランクさせようとする Web サイトと,不当なランキングを阻止しようとする検索サイトとが,つなひきをしてきました. Google (グーグル) がこれだけはやったのは,(ネガティブな表現ですが) その基本アルゴリズムにしたがえば不当にたかいランキングをえることがむずかしいからでした.

私自身は,不当にたかいランキングをえるつもりはありませんが,できるだけはばひろいキーワードで検索できるように,ブログの各エントリーの Movable Type の 「キーワード」 欄に,本文にはあらわれないキーワードを書くようにしてきました. よくつかうキーワードは Movable Type の 「タグ」 として登録しています. もともと私のサイトは Google からたかい評価をうけているようにおもわれるので,このくふうもあわせると,すくなくとも Google をつかった検索ではかなりよい成績をおさめるようになったとおもいます (「研究キーワードによる Google のランキング」,「研究キーワードによる Google のランキングの変化」 参照). その結果,たとえば 9 月についてみると,ブログのページごとのページビューは 1 カ月で 100 ~ 300 くらい,ブログ以外のページもあわせた 1 日のページビューの平均は 3793 です. これはそんなにおおいとはいえないでしょうが,(最近は YouTube (ユーチューブ) とかニコニコ動画とかについて書いていますが) 最近まであまり人気ネタをあつかってこなかったことをかんがえれば,すくないとはいえないでしょう.

しかし,このようなくふうをしても,このブログに対するコメントやトラックバックのほとんどはスパムであり,このブログをはじめてからの約 1 年のあいだにとどいた有効なコメントやトラックバックは全部あわせても 5 件にもなりません. これは,ブログを議論のためにつかうには,もっとちがうくふうが必要であることを意味しています.

数年まえであれば,他のもっと有名なブログへのトラックバックが非常に有効にはたらいたものとおもいます. いまでもそれは有効なのだろうとおもいますが,最近はスパムが急増したために,むずかしくなっています. 私もいくつかのブログへのトラックバックをこころみましたが,いまのところ議論につながる有効な手段にはなっていません. 門前ばらいされてしまうこともしばしばですし,一応はうけつけられてもフィルタされてしまっているようです. まだ数がかぎられているので,相手が興味をしめさなかっただけなのかもしれません. トラックバックのしかたにもくふうが必要だとおもいますが,トラックバック以外の方法もふくめて,これからくふうしていこうとおもいます.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1342

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type