[ トップページ ]
言語・コミュニケーションとネットワーキング:語彙・訳語

クタバった! 「ネアカ」 と 「ネクラ」

1980 年代には 「ネクラ」,「ネアカ」 ということばが頻繁につかわれました. 私はどちらもきらいなことばでした. しかし,いま気がつくと,これらのことばはみごとに死語となっています.

Wikipedia (ウィキペディア) の定義はちがっているようですが, ひとりでかんがえこむことがおおいのが 「ネクラ」,なにもかんがえずにあかるく他人とつきあっているのが 「ネアカ」 といったところでしょうか. 思考力が差別化ポイント (?!) とかんがえていた私はこの定義からするとあきらかに 「ネクラ」 ですが,ネガティブなイメージがあるこのことばがすきになるはずがありません. しかし,これらのことばを耳にしないようにすることはできませんでした. いつもきかされて,「ネアカ」 にも分があるとおもわされていましたが,いまやそんなことばで心をかきまわされることはなくなりました. やはりバブルの 1980 年代は悪夢だったというべきでしょうか?

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1328

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type