[ トップページ ]
Web とインターネット:Movable Type, Web とインターネット:ブログ, 知的生産とリテラシー:ブログの技法

ブログにおける ping と推敲

ブログの記事を書いたとき,書いたものがひとからどういうふうにみえるのか,すぐにたしかめたくなります. たしかめるためにはその記事を公開する必要があります. しかし,公開するタイミングで RSS が機能し,ブログ検索エンジンなどに ping がおくられるようになっています. すると,公開したあとにその記事を推敲する,つまり修正をいれることになります. RSS は公開時に記事を配信するので,修正前の記事が配信されることになります. ちょうどよいタイミングで配信するにはどうしたらよいのでしょうか?

MovableType-Screen.png 公開した記事をみていると,たいてい,どこかをなおしたくなります. 私にははじめからぬけのない文章を書くことはほとんどできません. したがって,どうしても,あとからなおすことになります. 本来ならば修正をかさねて,だいたい満足できる状態になってから RSS や ping をおくるべきだとおもいます. しかし,Movable Type などにおいて,それがもつ機能にまかせていると,最初に RSS や ping をおくることになります.

Movable Type には 「確認」 ボタンがありますが,これをおしても公開時とは似ても似つかない形式で表示されるだけです. これでは,できばえをためすことにはなりません. したがって,「確認」 ボタンをおすのではなく,「保存」 ボタンをおしてから 「エントリーを確認」 することになります. つまり,記事を公開して,一般の Web ユーザがみるのとおなじやりかたでページを表示させて確認することになります. このやりかたは RSS や ping で書きかけの記事をおくってしまうことになるだけでなく,Movable Type の処理効率からいっても,よくありません. Movable Type では 「公開」 された状態で 「保存」 すると,おおくのページがつくりなおされるので,サーバにかなりの負荷がかかります. 修正をくりかえせば,1 回でよいはずの負荷が何度もかかることになります.

すると,最初に RSS や ping をおくるべきでないということになるわけですが,自動的に公開時以外のタイミングをつかんで RSS や ping をおくるのは,むずかしいでしょう. この問題をどうやって解決したらよいのか,すぐにはわかりません.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1469

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type