[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:ビデオ・映画・テレビ, Web とインターネット:動画サイトとビデオストリーミング

YouTube と CM の活路 ― コンテンツとしての CM

最近はテレビ番組をハードディスクなどに録画してみるひとがおおくなっています. そうなると CM はスキップされることがおおくなります. そして,これがテレビに危機をもたらしているといわれます. たしかに,CM のおおくはただただ商品名をすりこまれるだけで視聴者にとってはおもしろくないものなのでしょう. 興味のない商品の CM なんか,ききたくないにちがいありません. しかし,CM には最近話題になっている YouTube (ユーチューブ) に似ているところがあるのではないでしょうか? そして,もしかしたら,そこに活路をみいだせるのではないでしょうか?

YouTube には比較的みじかい動画がおおい. しかし,私がみたところでは,それでもなお,かったるい,つまりながすぎるものがおおいようにおもわれます. それに対して,テレビ CM はわくがきめられているので,YouTube の動画よりさらに短時間です. その短時間の CM 制作に相当のカネがつぎこまれています. その結果,あいかわらずつまらない CM もおおいものの,なかには話題になったり,CM ソングをみんながうたったりするものもあります. こういう CM をもし YouTube にのせれば,人気コンテンツになるのではないでしょうか? YouTube にのせれば商品の売り上げがのびるというものではないでしょうが,すくなくともそのためのヒントをあたえてくれているようにおもいます.

たとえば CM をスキップしようとかんがえたとき,それが人気コンテンツであることがわかれば,とばされずにすむかもしれません. むしろ,条件がととのえば,CM をコンテンツとして積極的にみてもらえる可能性があるでしょう. 条件というのは,なにか YouTube にちかいようなしくみをつくる必要があるということです. 最近,ネットワーク上の VOD (Video On Demand,ビデオ・オン・デマンド) システムなどにおいて CM とばしを禁止しているものがありますが,これは視聴者にとっては苦痛だとおもわれます. そんなことをしなくても視聴者によろこんで CM をみてもらえる方法があるのではないでしょうか?

人気がでればとばされずにすむということになれば,CM をよりおもしろいものにしようとするちからがはたらくでしょう. それは視聴者にとっても利点があることだとおもわれます.

この議論ではまだあたらしいテレビや CM のすがたはみえてきませんが,けっして悲観する事態ではないとおもえます.

キーワード: 広告, テレビ・コマーシャル, 商品宣伝, CMスキップ, CMとばし, 広告とばし, ユーチューブ, ハードディスク・レコーダ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1313

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type