[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:ビデオ・映画・テレビ, 書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント

視聴率をめざすのは 「普通の人」 へのサービス !? ― 五味 一男 著 「「視聴率男」 の発想術」

視聴率ばかりを追って俗悪な番組ばかりつくっているといって民放はしばしば批判される. 著者はこのようなかんがえにまっこうから反論している. 視聴率をあげようとするのは会社の利益に貢献するというサラリーマンとしては当然の目的のためである. しかし,そのためには自分の好きな番組をつくるというひとりよがりな態度をすてて,ひろい年齢層の 「普通の人」 にうけいれられる番組づくりをすることが必要だという. 著者はこのやりかたが飲食,家電をはじめとする他の業界でも通用すると書いているが,実ははばひろい年齢層にうけいれられなければヒットしないというテレビの特殊性にもとづいているとかんがえられる. 通常のマーケティング理論では商品が対象とする顧客層を明確化して,いかにそこに特化するかが重要とされている. テレビはこのさきどうなるのか,また視聴率というものがどうなるのかはわからないが,そういう問題に対するひとつの視点をあたえてくれる.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 「視聴率男」の発想術@ [bk1]「視聴率男」の発想術@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1310

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type