[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

ビールののみかた ― ひやしすぎたビールはまずい ! ―

夕食時には,ほかの種類の酒をのまないときは,たいていビールをひとカンのんでいます. ビールは基本的には,ひやしません. 日本ではビールを 10°以下にひやすことがおおいのですが,そんなにひえたビールをのむ気がしません.

Hojun-beer.jpeg ビールのかおりはすくなくとも 10°以上でなければわからないとおもいます. ビールの本場といえばドイツですが,ドイツではビールはひやしません. 夏に戸外で行事をやっているような場所で注文すると,樽からビールをそそいで,一生懸命あわを捨てているところがみられます. それでも日本のビールは夏にはすこしひやさないと,あわがたちすぎるし,まずいようにおもわれます. ドイツ産の “芳醇物語” というビールは,ユーロ高のなかでも日本のビールよりはやすいのですが,日本のビールとちがって (?!) この季節でもひやさずにおいしくのめるようにおもいます.

いまは季節をとわず,たいてい 1 回に 330 ~ 350 ml ひとカンだけのんでいます. ひとむかしまえまでは,とくに夏には,500 ml のカンや大ビンをあけることがおおかったのですが,最近ではカロリーのとりすぎ,アルコールのとりすぎをおさえるために,夏でもだいたいひとカンにしています. 日本ではビールひとカンで満足しないひとがおおいのですが,アメリカのレストランで 2 本めのビールを注文したら,となりの (無関係な) ひとから 「ビールがすきなんだなー」 (ただし英語) といわれたことがあります. 食事とともにのむ飲みものとしては,ひとカンあるいはひとビンでたいていたりるということでしょう.

最近はビールに復活のきざしがみられますが,昨年までは発泡酒や “第 3 のビール” が全盛でした. 私もいくつかためしましたが,おいしいとおもったことは一度もありません. 最近では,新製品がでても,のんでみようという気はほとんどなくなりました. 税金をよけいにはらっても,ビールのほうがずっとよいとおもっています.

ビールのなかでもスーパードライはあまりのみません. たしかに,スーパードライをまねてつくった他のドライビールにくらべると “コクがある” のですが,(キリンのビールとはとてもおもえない The Gold をのぞく) キリンビールとくらべるとものたりません. やはり,もっとビールらしいビールのほうがいい.

Premium-Maltz.jpg 追記
プレミアム・モルツをやすうりしている店があったので 2 箱買いました. (ただの) モルツはちょっとものたりないのですが,まえにためしたとき,プレミアム・モルツはけっこういいとおもしました. しかし,ひやさずにのむと,あわがたちすぎることはないものの,あまり,かおりがひきたたない. これではただのモルツとあまりかわりません. まだのこっている芳醇物語とあわせて,ひやして,のみくらべてみようとおもいます.

さらに追記
そういうわけで,今度はプレミアム・モルツを冷蔵庫にいれてひやしてから,のんでみました. しかし,ちっともうまくない. しばらく時間がたって,温度があがってくると,かおりがよくなってきました. おいしくのむには,ワイン以上に温度管理が重要なようですね.

キーワード: ザ・プレミアム・モルツ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/675

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type