[ トップページ ]
書評:思想・哲学・宗教, 歴史:戦争, 書評:歴史

本多のバカさ加減をしめす公開討論 ― 本多 勝一 著 「殺す側の論理」

この本の後半には本多勝一とイザヤ・ベンダさん (山本七平) の公開討論が収録されている. この本が出版されたときには,まだ本多のバカさ加減を見抜くことは難しかったのだろう. まだ文化大革命が続くなかで 「今の中国へ行く人が,予備知識として第一に何を勉強すべきたか考えたら [中略] まず 「階級」 とは何かを徹底的に知ることだと思います」 という主張に疑問をもつことはできなかっただろう. しかし,いくら当時でも 「私たちは,多少はスジの通った考え方のできる者であればだれでも知っている. 天皇制などというものは,シャーマニズムから来ている未開野蛮なしろものだということを」 という意見が妥当なものだったとはおもえない. 山本七平はこうした本多の主張にていねいに反論している. いまからみれば,どちらがただしかったかは,あきらかであろう.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 殺す側の論理@Amazon.co.jp. (品切れになっているので,古書があるときだけ買えます.)

注記: 作成日付として Amazon.co.jp書評 に投稿した日付をつけています.

キーワード: 本多勝一, 山本七平, 公開討論, 文化大革命, 天皇制

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/381

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type