[ トップページ ]

« ユーザインタフェース ― Lisp から Perl へ | メイン | ランダムさをとりいれた計算の背景 »

会社の仕事と個人の研究ポリシー

会社でえらんだ研究テーマがあたって,ずっとその関連の研究ができるというきわめて幸福なひとは,それほどおおくないものとおもいます. 私自身は,この研究トピックスをみてもらえればわかるように,ずいぶんいろいろなテーマで研究開発をしてきました. しかしそれでも,この研究トピックスでは,それらのテーマにまたがる目標ややりかたをとろうとしてきたということを書いてきました.

共通の目標を追求すること,たとえばデジタルとアナログの融合をめざすことは,ライフワークをめざすことです. また,共通のやりかたにしたがうこと,たとえば Perl + CGI によるユーザインタフェースや文字列処理をつかうことは,自分のつよみをいかすことです. 結果的にはいまのところ十分に成功したとはいえませんが,こういうやりかたがまちがっていたとはおもいません. 私はもう若くはないのですが,まだこのやりかたをつづけて成功するチャンスはあるものとおもっています.

Keywords:

コメントを投稿

About

2007-05-23 00:54に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.36