[ トップページ ]

メイン

記号処理 アーカイブ

2007-11-17

1994 年前後に私は,局所的な情報だけをつかってランダムさをふくんだやりかた (計算順序などをきめるのに乱数をつかう方法) で記号処理などを計算する方法 CCM (Chemical Computation Method / Chemical Casting Model) の研究をしていた. CCM による計算は Macintosh Common Lisp をつかって実行していたが,それでは Web 上で計算の様子をみせることができないので,1996 年に Java で書いたプログラムを公開した.

つづく…

1013-06-240.jpg

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのようなもの デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.36