« 2012-01 | メイン | 2012-07 »

2012-03 アーカイブ

2012-03-02

金田 泰, 中尾 彰宏, 電子情報通信学会 ネットワーク仮想化時限研究会 第 3 回, 2012-3-2.

[ English page ]
[ スライド PDF ファイル]

(論文はありません)

要約: 共同研究プロジェクトにおいて仮想化ノード (VNode) およびそれによって構成されるネットワーク仮想化基盤を開発し,発展させている. VNode の特徴として 「要素独立進化型アーキテクチャ」 がある. すなわち,VNode においては,その構成要素 (プログラマ,リダイレクタ) が独立に進化できるアーキテクチャを実現している. この発表においては 「クリーンな仮想化」 という概念を提案し,VNode が この概念をほぼ実現していること,要素独立進化型アーキテクチャを実現するうえでこの概念が重要であることをしめす. また,VNode とくにその一部であるリダイレクタにおける要素独立進化型アーキテクチャと 「クリーンな仮想化」実現のしくみをしめす.

研究テーマ紹介: ネットワーク仮想化

2012-03-06

Kanada, Y. and Nakao, A., World Telecommunication Congress 2012 (WTC 2012), 2012-3-5.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ]
[ IEEExplore 論文ページ ]
[ スライド PDF ファイル ]

要約: We have developed an experimental non-IP/non-Ethernet protocol called IPEC (IP Ether Chimera). IPEC switches learn IPEC addresses that are structured hierarchically, similar to IP addresses, using an algorithm that extends the learning algorithm of Ethernet switches. IPEC is a simple non-IP network-layer protocol that has features of both Ethernet and IP. Unlike IP, IPEC introduces an address group to manage multiple terminals as a group to make learning of mobile terminals more scalable and more efficient than Ethernet. Because an address group is the unit of learning in IPEC, it is more scalable than Ethernet, and mobile groups can be learned more efficiently. In addition, IPEC tolerates loops in a network as long as a limited number of duplicate packets are allowed, and thus, enable an alternative route against link failures. We have implemented IPEC both on an IPEC-capable switches using LAN cards and on a virtual network using virtualization nodes (VNodes), which have been developed to experiment with non-IP protocols such as IPEC. We show evaluations that the group learning function of IPEC is viable especially for multiple terminals moving together concurrently.

研究テーマ紹介: ネットワーク仮想化

2012-01

2012-07

(C) 2007 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36