« 2009-04 | メイン | 2010-09 »

2009-05 アーカイブ

2009-05-20

Kanada, Y., 5th Advanced International Conference on Telecommunications (AICT 2009), 2009-5-25, http://dx.doi.org/10.1109/aict.2009.16 [新型インフルエンザのために発表はキャンセルされた.]

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ]
[ IEEExplore 論文ページ ]

要約: A method of admission control based on both resource requests by applications and class-based traffic mea-surement results was developed. In this method, a wide range of admission-control policy can be realized by adjusting three parameters, , , and . A policy-server prototype using this method and simulated voice traffic was used in traffic measurements. The measurements results show that the proposed method improves bandwidth usage and decreases call-blocking ratio while incurring low measurement load. Interesting but possibly harmful dynamics (i.e., system behavior) were observed by the simulations using traffic generated by an on/off model. That is, this admission-control method may cause oscillation or long-term evolution that lasts for 100 to 150 minutes, and it may also cause bandwidth “overshooting”. The range of parameters with which such effects can be properly suppressed and the admission control correctly works was experimentally obtained.

研究テーマ紹介: ポリシーにもとづくネットワーキング

2009-05-21

金田 泰, 電子情報通信学会情報ネットワーク (IN) 研究会, 2009-5-21.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル (C) IEICE]

要約: ユーザが経験する通信の体感品質すなわち QoE に関する要求をユーザが入力し,その要求をネットワークにおいて満足させるための機構を提案する. QoE 要求は QoS にマップされ,アドミッション制御やネットワーク・ノードへの設定を通じて満足される. 要求のためにソフト・ステートのプロトコルを使用することによって,サービスの開始,延長,中止などを統一的にあつかうことができる. この機構の一部をプロトタイプにくみこみ, 階層化シェイパーつきのネットワーク・ノードを使用して動画ストリーミングに関する実験をおこなった結果,QoE 要求が満足されることを確認した.

研究テーマ紹介: ポリシーにもとづくネットワーキング

2009-04

2010-09

(C) 2007 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36