« 2000-06 | メイン | 2001-01 »

2000-10 アーカイブ

2000-10-16

Kanada, Y., 2nd International Working Conference on Active Networks (IWAN 2000), Lecture Notes in Computer Science, No. 1942, pp. 195-210, Springer, October 2000,
http://dx.doi.org/10.1007/3-540-40057-5_15

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ] [ OHP PDF ファイル ]

要約: Policy-based networks can be customized by users by injecting programs called policies into the network nodes. So if general-purpose functions can be specified in a policy-based network, the network can be regarded as an active network in the wider sense. In a policy-based network, two or more policies must often cooperate to provide a high-level function or policy. To support such building-block policies, two architectures for modeling a set of policies have been developed: pipe-connection architecture and label-connection architecture. It is shown that rule-based building blocks are better for policy-based network control and that the label-connection architecture is currently better. However, the pipe-connection architecture is better in regards to parallelism, which is very important in network environments.

研究テーマ紹介: ポリシーにもとづくネットワーキング

2000-10-20

金田 泰, 電子情報通信学会 情報ネットワーク (IN) 研究会, 信学技法, 100-378, IN 2000-102, pp. 47-54, 2000-10.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ]

要約: ポリシーベース・ネットワークにおいては,高水準の機能あるいはポリシーを 実現するためにしばしば 2 個以上の低水準のポリシーをくみあわせる必要がある. このような部品化されたポリシーをサポートするために,複数のポリシーを モデル化するための 2 つのアーキテクチャを開発した. それらはパイプ結合 アーキテクチャとラベル結合アーキテクチャである. 規則ベースの部品が ポリシーベース・ネットワーク制御にとってすぐれていること,そして ラベル結合アーキテクチャが現在のところはよりよいことがわかった. しかし, また,ネットワーク環境においては非常に重要な並列性という点においては パイプ結合アーキテクチャのほうがすぐれていることがわかった.

研究テーマ紹介: ポリシーにもとづくネットワーキング

2000-06

2001-01

(C) 2007 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36