« Fuzzy Constraint Satisfaction Using CCM -- A Local Information Based Computation Model | メイン | Combinatorial Problem Solving Using Randomized Dynamic Tunneling on A Production System »

局所情報によるアニーリングをつかった大規模制約充足とその並列処理 -- 創発的計算のためのモデル CCM の応用 --

金田 泰, SWoPP '95 (情報処理学会人工知能研究会), AI95-16, 17-24, 1995, IPSJ により出版.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル: なし (変換失敗 !) ] [ 論文 ポストスクリプト・ファイル]

要旨 (英語のみ) : この報告では,創発的計算のためのモデル CCM (化学的キャスティング・モデル) にもとづいて大規模な制約充足問題をとくための方法を提案する. また,その並 列処理の方法をしめす. CCM にもとづく方法ではこれまで大規模な問題をとくこ とができなかったが,FAM (フラストレーション蓄積法) という一種のアニーリン グを導入し,さらにパラメタをうまく調整することによって,大規模なグラフ彩 色問題を GSAT シミュレーテッド・アニーリングと同程度の計算時間で逐次処理で とくことができるようになった. さらに,かぎられた量の相互排斥だけをつ かって,比較的容易に並列処理できることがわかった. ある条件のもとではほぼ プロセッサ数に比例する性能がえられた.

研究テーマ紹介: CCM: 化学的計算のモデル

キーワード: CCM, 制約充足問題, 並列処理, 創発的計算, ランダム化計算, ランダム化問題解決, ランダマイズド計算, ランダマイズド問題解決, アニーリング, 規則ベース計算, 規則ベース問題解決, ルールベース計算, ルールベース問題解決, 局所情報, 局所的計算, 局所評価関数

コメントを投稿

About

1995-08-01 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36