« 1994-01 | メイン | 1994-07 »

1994-04 アーカイブ

1994-04-01

金田 泰, 人工知能学会並列人工知能研究会, SIG-PPAI-9401, pp. 7-12, 1994, JSAI により出版.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ] [ 論文 ポストスクリプト・ファイル: Part 1, Part 2 (印刷低速 !) ]
[ ポスター ポストスクリプト・ファイル: Part 1, Part 2 ]
[ ポスター PDF ファイル : Part 1, Part 2 ]

[ Java による彩色のデモ (静的な彩色) ]

要旨 : 実世界の計算システムは刻々と変化する環境に対してひらかれた複雑なシステムであり,従来 のソフトウェア開発法では根本的に対処できないとかんがえられる. CCM (Chemical Casting Model) は,創発的計算にもとづくソフトウェア開発法の確立をめざして開発した,局所情報に もとづく非決定的 (ランダム) な計算のモデルである. CCM は局所的に計算される評価関数を ともなうプロダクション・システムである. この報告では,CCM にもとづく計算言語 SOOC による動的に変化するグラフ頂点の彩色 (移動放送局への電波のわりあて) の方法と実験結果と をしめす. SOOC によれば,静的なグラフ彩色とおなじプロダクション規則と評価関数とをつ かうだけで,動的な彩色をおこなうことができ,基本的におなじ方法と道具とをつかって結果 を評価できる.

研究テーマ紹介: CCM: 化学的計算のモデル

金田 泰, 計測自動制御学会第 14 回システム工学分科会研究会 "組合せ問題とスケジューリング問題の新解法," 45-52, 1994, SICE により出版.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ] [ 論文 ポストスクリプト・ファイル: Part 1, Part 2 (印刷低速 !) ]
[ OHP ポストスクリプト・ファイル : なし (変換失敗!)]

要旨 : トンネリング・アルゴリズムという連続系のための最適化法を Levy and Montalvo,Yao,島ら が提案しているが,この報告では,くみあわせ問題をとくための,一種のトンネリングをとり いれた方法をしめす. この方法は,問題解決の途中で問題じたいが変化するような動的な問題 の自己組織的な解決をめざして著者が提案している CCM* (拡張された 化学的キャスティング・モデル) という計算モデルにもとづいている. ここではグラフ彩色問題と 0-1 整数計画問題と を例題として,この方法を説明する. CCM* はプロダクション・システムの一種であるが,こ の方法をつかえば,あたえられたプロダクション規則をそのまま適用してもぬけだせない局所 最大点を,そのプロダクション規則を動的かつランダムに合成することによって,ぬけだすこ とができる.

研究テーマ紹介: CCM: 化学的計算のモデル

1994-01

1994-07

(C) 2007 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36