« 1992-07 | メイン | 1993-02 »

1993-01 アーカイブ

1993-01-01

Kanada, Y., Parallel Computing, Vol. 19, 1993, pp. 1155-1175.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル (一部フォント不正)]
[ 論文ポストスクリプト・ファイル ]

要旨 (英語のみ): Conventional processing techniques for pipelined vector processors such as the Cray-XMP, or data-parallel computers, such as the Connection Machines, are generally applied only to independent multiple data prcessing. This paper describes a vector processing method for multiple processings including parallel rewriting of dynamic data strutures with shared elements, and for mutiple procesings that may rewrite the same data item multiple times. This method enables vector processing when entering mutiple data items into a hash table, address calculation sorting, and many other algorithms that handle lists, trees, graphs and other types of symbolic data structures. This method is aplied to several algorithms; consequently, the peformance is improved by a fator of ten on a Hitachi S-810.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

鳥居 俊一, 小島 啓二, 金田 泰, 坂田 明治, 高橋 政美, 情報処理学会論文誌, Vol. 34, No. 1, pp. 109-119, 1993-1.

[ English page ]
[ PDF 版論文へのいりぐち (IPSJ) ]

要旨: 本論文では,ベクトルアーキテクチャをマ一ジ演算に拡張した 内蔵データベースプロセッサ (IDP) を用いた非数値処理高速化の 課題と実例を示す. マージ型ベクトル演算は,各オペランドが 独立にインデックスを持つ点に特長がある. そのため,主記憶上に オペランドを置く必要があり,従来のベクトル演算以上に次の点で 性能上の課題がある. (1) 命令の立上りが遅い, (2) キャッシュ等の階層記憶機構への対応,(3) ベクトル化のオーバヘッドの考慮. 3 個の例題におけるベクトル化の 課題と高速化の効果について,具体的な実験結果を報告する. 関係データベースでは,複数の検索条件のある問合せ処理に適用し, 複数のインデックス利用方式により 4 倍の高速化を実現した, ソートユーティリティでは,2 ウェイのマージ命令を用いて マルチウェイのマージをベクトル化し,4 倍高速化の結果を得た. 解探索の N クィーン間題においても,2 倍の高速化を達成できた.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

1992-07

1993-02

(C) 2007 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36