« Vectorization Techniques for Prolog without Explosion | メイン | A Vectorization Technique of Hashing and its Application to Several Sorting Algorithms »

プログラム変換にもとづくリストのベクトル処理方法とそのエイト・クウィーン問題への適用

金田 泰, 菅谷 正弘, 情報処理学会論文誌, Vol. 30, No. 7, pp. 856-868, 1989.

[ English page ]
[ PDF 版論文へのいりぐち (IPSJ) ]

要旨: この論文では,ベクトル計算機を使用してリスト処理を高速に 実行するための基本戦略を提案する. この戦略は,Fortran プログラムのベクトル化技法の拡張と考えることができる 「くりかえし構造の交換」 と 「くりかえし構造の一重化」 というプログラム変換技法にもとづいている. 変換結果の プログラムにおいては,複数のリストを要素とするベクトルを 使用する. それらに関する操作をベクトル計算機のリスト・ ベクトル処理機能や数列生成機能などを用いて実現する. 上記の戦略をエイト・クウィーン問題の Prolog プログラムに 適用し,ベクトル計算機 S-810 においてスカラ処理の約 9 倍の実行速度をえた.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

キーワード: プログラム変換, プログラミング言語処理系, Nクイーン問題, 記号処理ベクトル化, ベクトル記号処理, 並列記号処理, スーパーコンピューティング, スーパー記号処理, 並列処理, ベクトル処理

コメントを投稿

About

1989-07-01 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36