« 1989-04 | メイン | 1990-01 »

1989-07 アーカイブ

1989-07-01

金田 泰, 菅谷 正弘, 情報処理学会論文誌, Vol. 30, No. 7, pp. 856-868, 1989.

[ English page ]
[ PDF 版論文へのいりぐち (IPSJ) ]

要旨: この論文では,ベクトル計算機を使用してリスト処理を高速に 実行するための基本戦略を提案する. この戦略は,Fortran プログラムのベクトル化技法の拡張と考えることができる 「くりかえし構造の交換」 と 「くりかえし構造の一重化」 というプログラム変換技法にもとづいている. 変換結果の プログラムにおいては,複数のリストを要素とするベクトルを 使用する. それらに関する操作をベクトル計算機のリスト・ ベクトル処理機能や数列生成機能などを用いて実現する. 上記の戦略をエイト・クウィーン問題の Prolog プログラムに 適用し,ベクトル計算機 S-810 においてスカラ処理の約 9 倍の実行速度をえた.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

Kanada, Y., and Sugaya, M., International Joint Conference on Artificial Intelligence '89, pp. 151-156, 1989.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ]

要旨 (英語のみ): This paper describes a technique for executing logic programming languages such as Prolog for the Cray-type vector processors. This technique, which we call the parallel backtracking technique, enables a kind of or-parallel execution without process explosion. The compiled intermediate language code for the parallel backtracking execution is the same as the code presented in our previous paper. The compilation is based on a kind of program transformation called or-vectorization. However, the interpretation of the intermediate code is changed to enable the parallel backtracking execution. An execution simulator and a compiler prototype were developed. We have not yet implemented this technique to our native code execution system, but we expect a performance of eight times or more higher than scalar processing upon implementation.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

1989-04

1990-01

(C) 2007 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36